無料ブログはココログ

沖縄の野鳥

  • ツクシガモ
    時々出かける沖縄の野鳥たち

船橋の自然

  • トラツグミ
    船橋市で見られた野鳥・植物・昆虫などの自然を紹介

市川の自然

  • ジロボウエンゴグサ
    市川市で見られた野鳥、植物、昆虫などの自然を紹介

江戸川区の自然

  • アズマヒキガエル
    江戸川区で見られた野鳥、植物、昆虫などの自然を紹介

葛西の野鳥

  • ノスリ
    葛西臨海公園・葛西海浜公園で見られた野鳥を紹介

珍鳥と迷鳥

  • キヅタアメリカムシクイ
    珍鳥と迷鳥の定義は難しいです。私にとっての珍鳥・迷鳥です

  • アマノガワ
    桜の品種、桜の風景など集めてみました。

2016年7月20日 (水)

トンボ・タカ・チョウなど

最近の市川市と青葉jの森の観察から少し・・・

Dscn9442

江戸川の岸辺でナゴヤサナエの羽化がピークのようです。19日に30分程の観察

Dscn9470

羽化したナゴヤサナエは近くの林縁の樹木にとまり、体がしっかりすると、上流に飛んでゆく。

Dscn9495

目の前で、ナゴヤサナエの幼虫が、ハクセキレイに食べられてしまった

Dscn9408

市川市の北西部の森で、オオタカ幼鳥に出会った

Dscn9507

青葉の森公園で時々見かけていた、ジョコウアゲハを本日、写真に収めることができた。

Dscn9531

事務所裏で育てているウマノスズクサが再度、開花し始めた。ジャコウアゲハの産卵を期待しています。

Dscn9512

前花壇でカマキリに捕食されていたアオスジアゲハ

Dscn9542

クヌギのゴマダラチョウとアカボシゴマダラ。青葉では、アカボシゴマダラの個体数が圧倒的に多い。在来種のゴマダラチョウに頑張ってほしいものです。

2015年6月 5日 (金)

ゼフィルスを堪能!

 ゼフィルスは、樹上性のシジミチョウの一群であり、日本には25種が生息します。発生も年一回のみで、チャンスを逃すと翌年まで1年間会えません。千葉市で3種のゼフィルスを堪能しました。

Dscn9263

ミドリシジミです。昼間は草の中や樹木の葉の目立たないところでじっとしています。

Dscn9282

翅を開くと雄はメタリックな緑色 美しい でも翅をなかなか開いてはくれません。

Dscn9243

雌は地味です 食草はハンノキです。

Dscn9298_2

クヌギの葉の中で日中休んでいたウラナミアカシジミとミズイロオナガシジミ。それぞれ2頭づつ写っています。夕方になるとクヌギの樹冠の回りを飛び回ります。

Dscn9305

アップにするとよくわかりますね。

Dscn9325

地上のクローバーでも休んでいる個体を見つけました ミズイロオナガシジミは鈴の散歩道で見つけ掲載したばかりなのでカットです 年に一度のチャンスです。いろいろと観察を続けたいと思います。

2015年5月24日 (日)

昆虫の季節!青葉の森編

Dscn8905

小鳥類の春の渡りを期待していたが、どうもその後の渡り鳥を見ることなく終わってしまいそうです それでも蝶などの昆虫たちが目を楽しませてくれます。23日に出会ったミズイロオナガシジミ、昨年に引き続き確認することができました。

Dscn8829

イチモンジチョウも地味ですがいいですね

Dscn8832

これまた地味ですがルリシジミ・・・ ヤマトシジミによく似ています。斑点の模様、大きさ、飛び方で区別しています。

Dscn8788

バラ園で見かけたヨコズナサシガメです。あまり飛ぶ印象が無いヨコズナサシガメですが、飛ぶところも目撃しました。バラ園の害虫を食べてほしいものです。

Dscn8822

一度目のシジュウカラの繁殖が終わったおしゃれな巣箱に・・・・・・・( ̄Д ̄;;
Dscn8777

これは自宅近く(故鈴の散歩道)で出会ったホシベニカミキリです。青葉の森のタブノキにもこれから発生すると思われます。昆虫が楽しい季節ですヽ(´▽`)/

2014年10月 3日 (金)

9月に出会った蝶たち

Goisisizimi2

9月に出会った蝶達を少し 青葉の森公園のゴイシシジミ。昔、市川の大町で見て以来、10年ぶり以上かもしれません。

Goisisizimi1

小さいシジミチョウですが、なんと肉食という変わり者w(゚o゚)w 幼虫は竹につくアブラムシを食べ、成虫はアブラムシの出す甘露を吸う。不思議な蝶だ テントウムシ類の幼虫と思われるものや、アリも集まっていました。

Ryuukyumurasaki2

葛西の鳥類園ではリュウキュウムラサキに出会いました。羽は大分ボロボロになっていました。

Ryuukyuumurasaki1

美しい翅の上面を撮りたかったのですが、無理でした(´Д⊂グスン 迷蝶ですが、人為的な可能性も否定できません。

Akabosigomadara1

葛西臨海公園でもアカボシゴマダラが定着したようです。樹液を吸っていました。

Akabosigomadara2

柏市の柏の葉公園でも見ました。エノキの若木に産卵しているようでした。後ろから近寄るスズメバチの影Σ(゚д゚lll)アブナッ ! 

2013年5月31日 (金)

ミドリシジミに出会う

Midorisizimi1

市川市にある大町自然公園にはハンノキの林があり、この時期、ミドリシジミが羽化をします。夕方に活動するので、なかなか見ることは少なく、美しい輝く緑色の翅を広げている個体に出会うことも珍しい。今日はラッキーなことに写真に収めることが出来ました うっ美しい 数年振りの出会いです。
Dsc_0019
翅を閉じているととっても地味です(^-^; でも、これもまたシックでいいかも。
Dsc_0030
5月の中旬に市川市の江戸川河川敷で撮影したコムラサキ。色があまりよく出ていないのですが、光線によって紫色の輝きが美しいチョウです。そんな季節になりましたね~

2013年5月20日 (月)

市川の昆虫

Photo_6

大町自然公園で出会ったアオスジアゲハ、ハルジオンの蜜を必死に吸っていて、結構近づいて写真を撮らせてくれました
Photo_7
柏市市民の森で足元に飛んできたセンチコガネ。15mm程の小さな甲虫ですが輝きが美しい この個体は緑色ぽいですが、紫色ぽいのもいます。すぐに林の中に飛んで行ってしまいました。
Photo_8
江戸川河川敷で撮影したアカボシゴマダラ雌春型です。エノキの上部を複数の白いチョウが飛びまわっていて、ゴマダラチョウか・・・と初めは思っていたのですが、どうも違うのも混じっているかんじです。まあ、アカボシゴマダラですが、春型は観察したことがなかったので確信が持てませんでした
Photo_9
近くでチョウの採集をしている方がいたので、撮った写真を見てもらって教えてもらいました。ここではゴマダラチョウとアカボシゴマダラが混じって生息しているようです。夏以降であればアカボシはその名のとおり後翅に赤い色が出ますので間違えないのですが。アカボシゴマダラは要注意外来生物だったと思います。ゴマダラチョウだと思っていたら、アカボシゴマダラになっていることもあるかもしれません。

2012年7月29日 (日)

初見、アカボシゴマダラ

Photo

 市川市の堀の内貝塚でアカボシゴマダラに出会った。ゆったりとした飛び方で一瞬、アサギマダラかと思ったら違っていた。

Photo_2

 大型で綺麗ですが要注意外来生物に指定されている。近年、関東地方で見られるのは中国産亜種とのようで、人為的な分布によるものらしい。

Photo_3

キツネノカミソリがもうすぐ開花しそうでした

Photo_4

ニイニイゼミがうるさいほど鳴いていました。その保護色に脱帽ですw(゚o゚)w

Photo_6

「江戸川の河川敷のシロバナサクラタデが見事に咲いてるよ」と友人に教えてもらったので寄ってみました。「マメコガネとシロバナサクラタデ」

Photo_5

フジバカマのつぼみが 開花も近そうです。

Photo_7

毎年ヨシゴイが繁殖するこざと公園に行ってトンボを撮りました。ヨシゴイには出会えませんでしたが、いろいろなトンボを見ることができました。つり禁止の看板に止まるウチワヤンマ。

Photo_8

こざと公園では毎年見ることができます。

027

チョウトンボが10匹位いました。こんなにまとまってみたのは初めてでした。

053

飛んでいるとひらひらと、まさにチョウのようですがそういった写真はうまく撮れません

Photo_9

クロイトトンボもこの池の常連です。

Photo_10

コシアキトンボ(上)やショウジョウトンボ、ギンヤンマなどなど、トンボ三昧でした

Photo_11

朝の鈴の散歩道での写真を数枚・・・ ハマボウ・・・ではありませんオクラの花が咲いていました( ´,_ゝ`)ハイハイ

Photo_12

ダイミョウセセリにも出会いました。

Photo_13

鈴の散歩道では今年初見のコクワガタ前にはノコギリクワガタやカブトムシもいたのですが、今夏はまだ出会えません

2012年7月 1日 (日)

虫の季節本番!

Photo

 虫の季節本番です。午前中に市川市の大町自然公園に行ってみました ここ大町ではオニヤンマが普通に見られますが、まだ発生初期。園路脇の杭で羽化中のオニヤンマに遭遇しました この後、林の中へ飛んでいきました。

Photo_2

翅の先が黒いノシメトンボがたくさんいました。ここ数日で集中的に羽化したようです。

Photo_3

オオシオカラトンボも結構見ることができます。雄を写真に撮ったのですが、下にナナフシが写っていましたw(゚o゚)w

Photo_4

ヒカゲチョウも見られました

Photo_5

カブトムシにも今年初めて会うことができました。鈴の散歩道でも会えるでしょうか。

Photo_6

同じクヌギの樹にコクワガタも見ることができました。やはり、今年、初見です

Photo_8

エゴノキの実がたくさん付いていましたが、エゴノネコアシアブラムシによる虫こぶが見られました。

2011年10月 2日 (日)

鳥類園バードウォッチングフェスティバル

Kiageha

 今日は葛西臨海公園鳥類園でバードウッチングフェスティバルが行なわれていたので、出かけてみた 園内にはヒガンバナがあちこちで咲いていて、キアゲハが吸蜜していた。翅がもう一部欠落しています。

Photo

Photo_5

野鳥や自然関係の展示、グッズの販売など行なわれていました。

Photo_2

見てしまうと購入したくなります 絵葉書のイラストを描いているYさんに久し振りにお会いした。Yさんはこのブログのタイトルにもなっている「感察」という言葉を創った方です。それを知らずに勝手にブログに使用していたので、事後承諾だが快諾して頂いた

Photo_3

園内を一回りしましたが、鳥の写真はほとんど撮れませんでした。写真はウラギンシジミ、成虫越冬するチョウです。渡りの小鳥のキビタキ、メボソムシクイにも出会えました。

Photo_4

帰り道、サクラの幹に何か

Photo_7

接写したら、こんなムシ??????? なんだかわかりません (@Д@;

Photo_8

市川市の江戸川のフジバカマ群落にも寄ってみた。アサギマダラを期待したのですが、残念ながら今シーズンはで会うことが出来ませんでした。ツマグロヒョウモンの雌

Photo_9

ツマグロヒョウモンの雄。アサギマダラは来年に期待(TωT)ノ~~~ バイバイ

Photo_10

葛西臨海公園でやっていた農産物直売で買ったショウガをツマミに久し振りの泡盛

2011年9月11日 (日)

江戸川を歩く

Photo

今日は葛西にちょっと行ってみようと車で出発したが、途中、気が変わって江戸川に行ってみた 里見公園前に干潟ができていて、アゲハが5匹、吸水に飛来していた

Photo_2

こんな感じで干潟が出ている。アオスジアゲハも1匹、吸水していた。

Photo_3

青いキャンディーの包に固執していた・・・仲間だと思っているのかΣ( ̄ロ ̄lll)

Photo_4

江戸川に来た目的はフジバカマも見るためです。友人が休日のたびに草刈をしている場所です。国がトウネズミモチなどの樹を伐採したところのフジバカマの生育が素晴らしい(・∀・)イイ! いつもなら一回位は草刈に付き合うのだが、今年は一度も草刈をしなかった

Photo_5

千葉県唯一の野生のフジバカマ自生地です。野生のものは園芸種に比べて白っぽい傾向があります。

Photo_6

キタテハが吸蜜に飛来していました。フジバカマは蝶がよく飛来します。10月になれば、渡りをすることで有名なアサギマダラが飛来するでしょう

Photo_7

ベニシジミも来ていました。

Photo_8

ショウリョウバッタがフジバカマで息絶えていました。何かの菌に感染したのでしょうか

Photo_9

キンミズヒキも咲いていました。

Photo_10

シロバナサクラタデも今が盛りです。

Photo_11

河川敷はバッタの天国でした トノサマバッタがものすごい数いました。茶色い個体です。緑色のもたくさんいました。

T

これはクルマバッタ。飛ぶと翅に黒い線がはいるので良くわかります。茶色い個体。

Photo_12

ツバメシジミもいました。後翅の突起がツバメの名の由来

Photo_13

ヤマトシジミはわんさかいた。今度はアサギマダラが来る頃に来て見よう

Photo_14

でも暑い日だったな~ 嫁さんの手で水浴び?をするララ・・・気持ち良さそう(o^-^o)

ララを見て、スポーツクラブのプールに出かけた( ^ω^ )