無料ブログはココログ

沖縄の野鳥

  • ツクシガモ
    時々出かける沖縄の野鳥たち

船橋の自然

  • トラツグミ
    船橋市で見られた野鳥・植物・昆虫などの自然を紹介

市川の自然

  • ジロボウエンゴグサ
    市川市で見られた野鳥、植物、昆虫などの自然を紹介

江戸川区の自然

  • アズマヒキガエル
    江戸川区で見られた野鳥、植物、昆虫などの自然を紹介

葛西の野鳥

  • ノスリ
    葛西臨海公園・葛西海浜公園で見られた野鳥を紹介

珍鳥と迷鳥

  • キヅタアメリカムシクイ
    珍鳥と迷鳥の定義は難しいです。私にとっての珍鳥・迷鳥です

  • アマノガワ
    桜の品種、桜の風景など集めてみました。

2013年7月26日 (金)

江戸川区でアカボシゴマダラ

204

都内でもアカボシゴマダラの進出著しいですが、とうとう25日に江戸川区(清新町)で確認してしまいました( ̄Д ̄;; 小学校の門の前のアスファルトにへばり付いているのが です。何か侵入者らしく怪しいですね
200
何故かこの個体はあまり逃げずに道路にへばりついていたw(゚o゚)w
207
決して死んでいるわけではありません。ちゃんと動いているし、飛びます
205
観察していると子ども達がとおりかかったので、見せてあげたら興味深げに観ていました
まあ、アカボシゴマダラ(要注意外来生物)の確認というのは微妙な気持ちもありますが・・・・

2013年4月 1日 (月)

春ですね!

Dsc_0007

春の訪れを実感できるチョウはやはり、ツマキチョウですね。モンシロチョウより小さくて飛び方も早いので、なかなか写真に撮る機会がありませんでしたが、本日、市川市大町自然公園でムラサキハナナにとまったところを撮影することができました でも、この1枚だけです。
Dsc_0018
小鳥達も繁殖の準備に入っています。巣材を器用にくわえているシジュウカラに出会いました。
Dsc_0022
越冬していたルリタテハが暖かかったので元気に飛び回っていました。
Dsc_0028
満開を過ぎたソメイヨシノにカワラヒワが飛んで来ました。日によって温度差がが激しくて、雨なども降ったりして、変な天気ですが春ですね(o^-^o)

2009年8月29日 (土)

ナガサキアゲハ

 秋のシギ・チドリを期待して、船橋三番瀬と谷津干潟をのぞいてみましたが期待はずれでした。帰りにハゼ釣りの様子を見ようと寄った船橋港でナガサキアゲハに出会いました

Photo

 ナガサキアゲハは以前は関東で見ることはありませんでしたが、ツマグロヒョウモンと同様、近年、分布が北上しているチョウです。温暖化との関係がよく言われますが、実際のところはよくわかっていません。この個体はオスとのことです。(図鑑で調べて、しばらくメスと表示していましたが訂正します

Photo_2

 この辺で見られる黒いアゲハチョウにはクロアゲハやカラスアゲハ(結構稀)がいますが、後翅に突起がない(稀に突起のあるものがいるらしいが・・・)ので飛んでいても見分けることができます。とくにメスは大きい 最近は確かに増えていて、鈴の散歩道や勤め先の江戸川区でもよく見かけます。幼虫はミカン類を食べます。

Photo_3

「ハゼ釣りをする人の影」と「吸水するナガサキアゲハ」です。船橋港でナガサキアゲハに出会うとは思ってもいませんでした。

Photo_4

ハゼ釣りを楽しむ人・・・うっ、うらやましい・・・今度来よっと

2008年8月20日 (水)

秋の気配

まだまだ暑い日が続きますが季節は確実に秋に近づいています。鈴の散歩道で聞かれるセミの声もツクツクボウシが多くなってきました。子供の頃、ツクツクボウシの声が聞こえると夏休みも終盤、宿題の追い込みにあせったものです。

散歩道の途中の草むらに何かを見つけた・・・鈴が覗く わかりますか。

Photo

最近は私が立ち止まり、何かを感察していると鈴もおとなしく待つようになった。まあ、仕方ないご主人だな~といったあきらめの境地でしょうか

Photo_3

コレを見てるのね・・・

Photo_4

盛夏には元気良く飛び回っていた、ゴマダラチョウも翅が少し損傷し、草むらで生涯を終えようとしているようです。

いつも立ち寄る樹液の出ているクヌギの木も、樹液の出が少なくなったような気がします。ルリタテハが樹液を吸っていました。翅の裏面は木の皮のような保護色ですが、表面には目が覚めるような瑠璃色のラインが特徴です。表面は残念ながら撮影できませんでした。右を向いています。ルリタテハは成虫で越冬するチョウです。

Photo_5

ツリガネニンジン(キキョウ科)の花も秋を感じさせます。風に花が揺らいでいました。

Photo_6