無料ブログはココログ

沖縄の野鳥

  • ツクシガモ
    時々出かける沖縄の野鳥たち

船橋の自然

  • トラツグミ
    船橋市で見られた野鳥・植物・昆虫などの自然を紹介

市川の自然

  • ジロボウエンゴグサ
    市川市で見られた野鳥、植物、昆虫などの自然を紹介

江戸川区の自然

  • アズマヒキガエル
    江戸川区で見られた野鳥、植物、昆虫などの自然を紹介

葛西の野鳥

  • ノスリ
    葛西臨海公園・葛西海浜公園で見られた野鳥を紹介

珍鳥と迷鳥

  • キヅタアメリカムシクイ
    珍鳥と迷鳥の定義は難しいです。私にとっての珍鳥・迷鳥です

  • アマノガワ
    桜の品種、桜の風景など集めてみました。

2021年12月 8日 (水)

虹が出た!

昨日は変な天気でしたね・・・

明るいうちは雨が降らないという予報を信じて、葛西に水鳥の様子を確認に行きました。

東なぎさでカンムリカイツブリとスズガモを数えていると東方面は天気、西方面は雨が降っているという不思議な天気。

Dsc04704

西なぎさの先端から西側を見ると大きな虹がかかっていました。

なんか感動・・・

Dsc04693

空模様を気にしながらカンムリカイツブリの数を数えると4千羽!増えましたね。

スズガモは1万前後と微増、これからが楽しみです。

Dsc04686

なぎさ橋が補修中。4半世紀が過ぎましたからね。

Dsc04682

珍しい鳥は見つけられませんでしたが、ウミアイサが結構増えてました。

Dsc04685

水路に現れたこの二羽はずっと一緒でした。雌のような羽色ですが、雄幼鳥のようです。

Dsc04730

千葉県側から三枚洲を確認してみました。手前にカワウの群れ。

この時、虹がかかってほしかったな~

Dsc04724

カワウの群れをアップで!三枚洲の水鳥はこれからどんどん増えてくると思います。

2021年11月27日 (土)

雑種ガモ

26日はじゅん菜池公園に行きました。ここの池には毎冬、数多くのカモが飛来します。

珍しいカモが入ることもありますが、雑種、雄化などのカモを見つけるのも楽しいものです。

Dscn3680

バシャバシャと水を跳ね上げるのこのカモは・・・

随分と褐色味があります。

Dscn3678

頭は光の具合で褐色~深緑に見えます。

Dscn3674

お腹は白いのね。アカハジロ✖ホシハジロの雄と思われます。この雑種はじゅん菜池公園では初めて見ました。

Dscn3440

一見、マガモですが嘴が違います。マガモ✖カルガモ(いわゆるマルガモ)の雄と思われます。

でもよく見るマルガモとは違い、とても美しい。

Dscn3447

石についた藻?を食べているのかな?

Dscn3443

カモの雑種の観察は深い!

2021年11月25日 (木)

葛西名物増加中

Dscn3612

23日は葛西に出かけてきました。スズガモとカンムリカイツブリがどのくらい増加しているのか楽しみでした。

Dscn3585

スズガモは8,000羽程になっていました。今冬は二万羽を超えてほしいものです。

カンムリカイツブリは800羽程でした。昨年は1万を超えましたので今後が楽しみです。

スズガモとカンムリカイツブリを数えていると、三番瀬方面からカワウの大群が飛んできました。

Dscn3594

葛西名物のスズガモとカンムリカイツブリは順調に増加中です。

Dscn3578

大きな魚を掴んで頭上を通過したミサゴ

Dscn3604

ウミアイサの雌が水路で餌を探していました。この個体は右の翼を傷めているようでした。

 

 

2021年11月14日 (日)

海の小道具のお片付け

Dsc04500

秋も深まり寒いぐらいの日がありますね。

館山で捕獲した死滅回遊魚たちも☆になってしまったものもいますが、ヒーターを入れた水槽の中で元気に泳ぎ回っているものもいます。

Dsc04521

左からアケボノチョウチョウウオ、ナンヨウツバメウオ、チョウハン

ナンヨウツバメウオの存在感はスゴイ!

Dsc04542

今年仲間入りしたえび。未だに名前が不明・・・

Img_1688

息子の家の水槽のハナミノカサゴも大きくなっていた。

Img_1681

やはり息子の家のサザナミヤッコ。大きく綺麗になっていました。

Dscn2768

海の小道具たちは、物置で来夏まで待機です。

 

2021年11月 7日 (日)

東なぎさクリーン作戦とおまけのアカアシカツオドリ

本日は東なぎさのクリーン作戦でした。

私はかなり久し振りの参加でした。多分3~4年ぶりかと思いますが、上陸するとアシ植生が広がっているようでした。

上陸時は写真を撮る余裕がなく、解散後、西なぎさから調査をしました。

スズガモが3000羽程飛来していました。

Dscn3297

カンムリカイツブリも200羽弱が確認できました。スズガモより陸に近いところに分布しています。

Dscn3314

トビとミサゴのタカ柱。最近、トビは多くなりました。

ミサゴも4羽が見られ、飛びながらよく鳴いていました。

Dscn3321

頭上を飛んだミサゴ!

Dscn3318

船橋三番瀬にアカアシカツオドリが飛来しているのは周知の事実ですね。

葛西からの帰りに塩浜三番瀬から観察してみました。

とても遠かったですが、なんとかそれとわかる写真を撮影でしました。

Dscn3371

亜成鳥と幼鳥です。

Dscn3330

一緒に飛び回ることが多かったです。

Dscn3333

コンデジのズームを最高倍率にしての撮影です。亜成鳥の飛翔。

Dscn3342

幼鳥の水面からの飛び立ち。30分ほどの滞在で撮影もできてラッキーでした。

 

2021年11月 3日 (水)

季節を感じる自然観察会 秋編

Dscn3272

今日はいい天気でしたね。青葉の森公園での観察会でした。

観察会は天気が第一!カツラの木の下で、マスクを外してみんなでカツラの香りを楽しみました。

Dscn3264

ジョロウグモの餌食にクダマキモドキ。上にジョロウグモの雄がいます。

交尾のチャンスを狙っているようです。

Dscn3271

こいつは何故か蜘蛛の糸の上を歩いていた???何故、このような状況になっったのか?

Dscn3276

気温も23°となり、オオアオイトトンボが飛んで小さい虫を捕食するのも観察できました。

天気も良く、カワセミやシジュウカラの野鳥、クモ類、樹木の種などなど秋を感じられる日となりました。

 

以下は、ちょっとマニアックなので観察会では紹介しませんでしたが、終了後、撮影したものです。

Dscn3286

ヒメクロホウジャクがホシホウジャクの中に1匹だけ見られました。

Dscn3293

青葉の森公園の事務所前にソテツがあり、クロマダラソテツシジミを探していたら!

Dscn3277

いました!それも10頭ぐらいは飛び回っていました。

Dscn3258

交尾している個体もいました。ここでも増える可能性がありますね。

 

2021年11月 1日 (月)

青葉の森 生きもの探検

昨日は午後から青葉の森公園での「子ども生きもの探検」の講座でした。

8月に予定していたのですが台風により中止となったため、リベンジ秋編でした・・・

またもや天気には恵まれず雨模様( ;∀;)

Dsc04470

トイレ休憩していた休憩舎で見つけたムネアカセンチコガネ

雨の為、キャンセル多発で40人が20人になりましたが、丁度よい人数で助かりました。

が、キャンセルは小学生が多く、何故か残ったほとんどが就学前の保育園児(-_-;)

一時間ほど前乗りして下見をしてもトンボ、チョウは見当たらず・・・

参加の子ども達に見つけてもらうことを期待していたのですが、園児では・・・

Dsc04410

とりあえず雨でも飛んでくれたハチドリのようなホシホウジャク

Dsc04383

葉っぱの下で休むホシホウジャクまさに蛾です。(下見時確認)

飛んでいるホシホウジャクを網で捕まえたお母さんがいたので、蛾であることを皆で観察できました。

Dsc04379

擬木のあちこちで羽化していたテントウムシ、ここで少し時間がつぶせました(^_^;)

Dsc04455

園内の管理がよくて草刈りが完璧で・・・イネ科の野草が少なくバッタが見当たりません。

バッタ捕り用の草原が欲しいものです。

しかしススキにショウリョウバッタモドキがたくさんいましたので、相手をしてもらいました。

Dsc04392

オオカマキリも下見時には数匹を確認しましたが、1匹しか確認できず・・・

Dsc04374

下見時に擬木柵で見つけたヤブキリウマオイ(教えてもらいました(^_^;))アカスジキンカメムシを食べていたが・・・これもいなくなっていた( ;∀;)

Dsc04365

ロープにとまってたアオマツムシ・・・これは息が絶えたあとで、いつまでもいてくれました(笑)

途中雨が止むときもあり、なんとか2時間を終えました。

最初、なかなか生きものが見つからない子供たちも、後半は本領発揮!

オオヒラタシデムシの翅、何故か半分になったテントウムシ、シラカシのドングリ、クスノキの実などなど

つまんでは持ってくるので、なんでも鑑定団状態。それなりに楽しんでくれたのだろうと思います。

虫好きの子どもが絶えないように、この講座は続けたいと思っています(笑)

2021年10月22日 (金)

冷たい雨の葛西

今日は、冬並みの寒さに雨。鳥を観察するには条件は悪いのですが、予定していたので葛西へ。

Dscn3141

コサギがやけに多かったですね。西なぎさで集まるコサギの小群

Dscn3073

冬の使者、カンムリカイツブリも少しだけ飛来していました。第一陣のようです。スズガモもまだ100羽に達していません。

Dscn3066

杭の上にダイシャクシギが2羽。東なぎさに1羽いて計3羽が見られました。

Dscn3070

アップで!なかなかいい写真は撮れませんが・・・

Dscn3107

暫く観察していると、どこからともなくダイシャクシギが飛んできました。牡蠣礁に降りで、カニを捕らえました。

Dscn3057

前回来た時には白いサギが群れていたテトラポットは今回はカワウの黒だかりでした。

杭に地味にミサゴがとまっています。

天気のいい日に再度、行きたいのですが・・・

2021年10月10日 (日)

久し振りの葛西

緊急事態宣言が長く続いていたため、暫くご無沙汰だった葛西に久し振りに出かけました。

久し振りの葛西にウキウキしながら身軽な格好で出かけたら、なんと雨が!

東なぎさ先端のサギと群れとカワウの群れ。雨で霞んでいます。

Dscn2916

スズガモはどうかと、望遠鏡で探していると・・・50羽程の群れが!! 第一陣のようです。

Dscn2917

昨年も10月に葛西に来て、雨の日に運よくマガンで出会えたことを思いだし、あわよくば・・・と思ったのですが、そううまくはいきません。

途中からは晴天になりました。

Dscn2923

手前の黒い石はラムサール条約登録の記念碑です。2018年10月に葛西は登録湿地になりました。

Dscn2950

特に珍しいものはいませんでしたが、カモメ類はウミネコ、ユリカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメが見られました。

ウミネコの中にダイシャクシギが確認できました。

Dscn2939

東なぎさと西なぎさの間の水路でウミアイサの雌がしきりに魚を捕まえていました。

Dscn2943

Dscn2940

Dscn2945

鳥類園ウォッチングセンターはメンテナンスで来年の4月まで使用ができません。

Dscn2955

2021年10月 5日 (火)

今年最後の館山行

昨日は今年最後となる館山へ出かけてきました。

晴天で誰もいない海岸で海に入りました。

Pa040037

毎回、初めての魚に出会えるのは嬉しいものです。

今回も出会いがありました。

ナンヨウツバメウオです。枯葉のような不思議な魚です。

Pa040049

ちょっと地味系ですがシラコダイ。

Pa040054

お昼になると潮がどんどん上がってきました。

カワセミの声が聞こえたので、周囲を探すと岩の上に止まっていました。

Dscn2756

海岸のカワセミはちょっと違和感がありますが、ここではよく見られます。

Dscn2758

トビもやってきました。

Dscn2766

台風一過の迷い鳥を少し期待していたのですが、鳥の方は都合よくはいきませんでした。

館山はまた来年。

 

«秋の渡りは撃沈